ジンジャー ジンジャー (KenyaMadagascar)

Location:
Kenya Madagascar

なぜケニアとマダガスカルなのですか?

ジンジャーはコ・インパクトソーシングモデルを通じてマダガスカルとケニアから調達しており、契約農家と呼ばれる何百人もの小規模農家と提携しています。

ジンジャー

ジンジャー Zingiber officinale

キッチンスパイスとして使われるジンジャーは、辛みのある大地のような風味を様々な料理に与えます。

特徴と過程

ジンジャーは春に植えられ、成長後秋か冬に収穫されます。オイルは根茎から水蒸気蒸留法で蒸留されます。15ミリのオイルを蒸留するのに、約450グラムから900グラムの根茎が必要です。根茎は根とは異なり、地下茎の一つで根や茎を出します。

多くの企業は乾燥した根茎からオイルを抽出しますが、ドテラは収穫直後の新鮮な根茎からオイルを抽出しています。これにより、質の良いオイルを得ることが出来ます。

ヒーリングハンズ

ドテラヒーリングハンズ基金はマダガスカルとケニアの多くのプロジェクトに資金提供をしました。

マダガスカルでのイニシアチブには、移動式診療所の設立が含まれます。 保健官は村から選ばれ、応急処置キットとエッセンシャルオイルが提供され、それぞれの適切な使用法について訓練を受けます。 さらに、このクリニックで働くために医師が雇用され、患者の自宅で診察します。

ヒーリングハンズ基金は、ケニアにおいて下記のような様々なプロジェクトを行いました。 Kiwegu小学校での教室とトイレ施設の追加工事、 Mwamose小学校での図書館、貯水池、職員室、トイレ、教師の居住区、学生ベランダの建設(および奨学金の支援)、 学校に通う子供達や地域の方々が川を渡るためのMwena川橋の建設、Mejwengo Mapya幼稚園の建設、コミュニティセンターの建設、TICAH - 2000人の児童を対象とした先住民族の文化と健康に関するトレーニング、Colobus Conservation - ケニア原産の樹木に関する教育と植林、コミュニティの井戸と給水塔であるMwamose Water Point、コミュニティの水源の継続的な調査とメンテナンスを行うWater Maintenance Trust Fund。

ヒーリングハンズ基金からの寄付金に加え、 ドテラはケニアでコミュニティ開発基金を設立しました。農家協同組合が生産するエッセンシャルオイル1キロごとに、収益の一部は彼ら自身が管理する基金に割り当てられ、彼らの意思で大規模な開発プロジェクトなどに使用することが出来ます。

コメント

0 コメント

会話に追加

  • コメントをフィルター:

コメントするにはログインしてください

ログインする
コメントを投稿

この記事は役に立ちましたか?