品質の重要性

エッセンシャルオイルボトルの中には、何がありますか?「100%純粋なオイル」と多くの会社は答えますが、それは事実とはかぎりません。

品質は、種の植付よりももっと前に決まります

ドテラのオイルの品質は、原料の種の植付よりもっと前に決まります。生産者が継続的な仕事と安定した収入を得られるよう、相互に有益なパートナーシップを築くところから始まります。

生産者に公正な賃金を前払いすることで、植物は必要な時間をかけて大切に栽培され、最盛期で収穫をすることができます。ドテラは原料からオイルになるまでの適切な収穫・蒸留方法を教え、高品質なオイルをつくりだしています。

詳細な検査と高い信頼性

詳細な検査と高い信頼性

ドテラは生産工程を管理するだけではなく、60以上の検査を実施し、オイルの品質を確かにしています。

検査結果をすべて公表しているのは、ドテラが品質に自信を持っているからです。次のリストは高品質なオイルをつくり出すために行っている検査リストで、60以上という数字は業界でも類を見ない数です。お持ちのオイルの製造会社が、どれだけの検査をしているかご存知ですか?

Oil Quality

シングルオイルの使用期限に関する 平均176種類の分析を ドテラでは実施しています

oil quality

ドテラは、オイルが純粋で高品質であることに自信を持っています。 お持ちのオイルの品質を確かめてみましょう。

お持ちのオイルをチェック

ドテラの取り組み

ドテラは、生産工程すべてに深い情熱を持って取り組んでいます。オイルに不純物混入がないことを保証できるよう、すべての行程が明らかにされています。

世界中の生産者や蒸留者と提携し、彼らの生活に密接に関わっています。だからこそ、ドテラのオイルは高品質なのです。

ドテラの貢献

Why Does Quality Matter?

品質が重要な理由

オイルを使ってみても、メリットを感じられなかったことはありませんか?それは、薄められて不純物が混入したオイルを使用した可能性があります。そういったオイルは本来のちからを持たず、よいはたらきが見られない場合があります。

オイルには不純物が混入している可能性があり、事故的もしくは意図的な混入に分けられます。事故的混入は意図的ではなく、製造工程の設備が十分に整ってない場合など不適切な状況下で多く起こります。それに対し故意による混入が意図的混入であり、他の成分が混ざることにより低品質なオイルとなります。

80%以上 のエッセンシャルオイルは何らかの方法で不純物が含まれています

APRC

意図的混入の歴史

意図的混入の歴史は、経営のために利潤追求をした企業が意図的に不純物を混入したことに遡ります。オイルはかさ増しされ、長持ちするからです。捏造されたオイルは、他の成分が混ざることで害を及ぼす場合もあります。

現在でも意図的混入はありますか?

意図的混入は、長きに渡り行われてきました。キャリアオイルを混入して薄め、使用期限を長くしたエッセンシャルオイルが、今日でも生産され続けています。オイルに異なる種類のエッセンシャルオイルを混ぜて販売している企業もあります。 例えば、シナモンバークの化学組成と類似するカシアをシナモンバークに大量に混ぜ、100%シナモンバークのラベルを貼って販売することがよくあります。そのほかにも多くの例がありますが、このような混入をドテラは一切行っていません。

ドテラの取り組み

ドテラは、時間をかけ、努力を惜しまず、高品質なエッセンシャルオイルをつくり出し、皆さまにお届けします。

品質を何よりも優先していることを、ドテラはとても誇りに思っています。皆さまのお手元に届くオイル一つひとつが、高品質で純粋なものであることを自信を持ってお約束します。