生産者

ドテラは45か国以上の高品質の種子、土壌、生育環境で栽培を行っている多くの栽培者と提携を結んでいます。私たちはオイルの生産過程の最初となる栽培の大切さを認識し、選び抜いた生産提携を結んでいます。

ドテラが特別な理由

エッセンシャルオイル業界において、種植え、栽培、収穫の過程の手間を省いたり、安価な成分を加えて純粋なオイルを「薄めよう」とする企業もある中、ドテラは品質に妥協しません。

最適な環境で育った 植物を調達

信頼のおけるパートナーと協力して植物の最良な生育環境を確保するために、ドテラは世界中からエッセンシャルオイルを調達しています。増え続ける商品ラインナップには45カ国以上から届けられる170種類以上のエッセンシャルオイルが含まれ、これらは地球からの最良の贈り物です。

私たちは大きな農地を購入し、オイルを大量生産することも可能ですが、ドテラは地元の生産者の専門知識に大きな価値を見出しています。その多くの知識は何世代にも渡って培われてきました。 ドテラは、多くの生産者から成るグローバルボタニカルネットワークを通して、世界中に何千もの雇用を生み出しています。

スペシャル & スイート

ドテラの広範囲にわたる生産者たちとのパートナーシップは、それぞれの植物の純度と有用性を保ちながら、選び抜かれたオイルとそのブレンドを得ることを可能にしています。シングルオイルとブレンドオイルの96%は専売契約で調達し、ユニークで他にない製品を提供しています。

ドテラが生産パートナーを探す際には、高品質のエッセンシャルオイルを生産すると同時に、個人、社会、経済、環境によい影 響を与えることができる場所を選択します。 多くのエッセンシャルオイルの原料となる植物は発展途上国で最もよく生育するため、弊社は助けを必要としている多くの地域に利益をもたらす道徳的なサプライチェーンを構築・サポートする独自の立場をとっています。

しばしば、未開発地域における経験豊かなエッセンシャルオイル農家、収穫者、栽培者は、不当な支払いを受け、搾取されているため、貧困から抜け出すことが困難な状況です。コ・インパクト・ソーシング®は、彼らの家族や地域社会が貧困から抜け出すために必要とされる術を提供し、経済発展を促進します。 また、ドテラが開発途上国で働く際には、ソーシングガイドラインの原則を遵守しています。

ソーシングガイドライン (原料調達の指針)

私たちは人々の生活を豊かにするために、高品質オイルをつくりだすための過程で8つの調達の指針を活用しています。理想的な環境で働く熟練した栽培者を見つけるために努力を惜しみません。

1. 雇用を生み出す

ドテラは、エッセンシャルオイルの生産に基づく倫理的責任を持った雇用の創出を通して、貧困の削減を目指しています。農村地域や未開発地域の雇用を生み出し維持することで、発展途上国で取り残された労働者や小規模農家を支援し、人々が収入不安や貧困から抜け出し、経済的に自立するためのサポートを行っています。

2. 公正な期日通りの支払い

ドテラは生産者との間で、公正な価格を設定しています。公正な価格とは、生産者との対話を通して契約上合意されたもので、期日通りに支払われ、市場によってその安定が維持されるものです。公正な給与とは、(i)現地で社会的に受け入れられる報酬および生産者自身が公正であるとみなす報酬、および(ii)労働の対価として、男女平等に与えられる報酬 をいいます。さらに、キャッシュフローを管理して、1年を通して所得を安定させるために、提携を結ぶ生産者への前払いやローンをしばしば提供しています。

3. 生産者の能力の開発

ドテラは、栽培者、蒸留者を含むエッセンシャルオイルの生産者の能力開発に取り組んでいます。これは農業技術の改善、生産高の増加、生産効率や流通システムの向上などサプライチェーン全体の強化につながり、彼らの収入増加につながります。ドテラは主に地元のNGOを通じて収穫と貯蔵サービスを提供し、技術の向上支援、ロジスティクスの強化、農場への投資、農業訓練を行い、率先して彼らの能力構築や収入増加のサポートを行っています。

4. 持続可能なパートナーシップの維持

ドテラは、連帯、信頼、相互尊重に基づいて、生産者や蒸留者と長期的なパートナーシップを結んでいます。 長期契約を通じて彼らの発展を助け、小規模生産者に資金を投じさせて多くの利益を得るのではなく、彼らにとって必要な価格設定を行い、増え続ける需要に答えられるようにしています。ドテラは参加型の適切な意思決定プロセスの方法を見つけ、流通システムのいかなるレベルにおいても、オープンなコミュニケーションができるよう努めています。

5. 公正な労働条件の確保

コ・インパクトソーシング®の方針により、ドテラのパートナーは公正な労働条件で働き、労働搾取、ハラスメント、差別のない安全で健全な労働環境を促進する必要があります。また、パートナーは安全衛生、労働条件、労働法に関する最低限の国や地域の法律および国際労働機関(ILO)の条約を遵守する必要があります。

6. 協同組合の推奨

コ・インパクトソーシング®は、すべての従業員や生産者が協同組合を結成および参加することを支持し尊重しています。なぜなら、それは団体取引を可能にし、団体全体への利益を増大する効果があるからです。団体に属することで、より良い価格を設定でき、農業への投資や金融機関からの融資が受けやすくなり、団体で所有する収穫その他に用いる機器を使用できるようになります。

7. 環境管理の確保

コ・インパクトソーシング®は、温室効果ガスの排出を最小限に抑えるために、エネルギー効率の高い技術と再利用エネルギー技術の使用を推進しています。 ドテラは廃棄物が環境に及ぼす影響を最小限に抑えるよう努め、農業生産者が環境への影響を最小限に抑えるよう働きかけています。持続可能な原材料を使って製品を調達することを優先し、二酸化炭素の排出量を最小限にするために、大量の製品は可能な限り船便で輸送しています。

8. 地域開発の促進

ドテラは、原材料を供給するパートナーを取り巻く環境が健全であることが、長期的にエッセンシャルオイルを供給するための鍵であると考えます。彼らのコミュニティの生計と生活基準を向上することが、コ・インパクトソーシング®の主な目標の一つです。また、ドテラヒーリング・ハンズ基金からの支援金は、学校、クリニック、訓練施設、水質浄化システムの建設費用など、地域開発プロジェクトのサポートに使用されています。

原料となる植物が生育している現地に赴き、環境管理や貧困削減を実施することにより、供給プロセスに関わる全ての人達が価値を享受できるよう、創造的な取り組みを行っています。

graphic graphic

調達情報

ピンクペッパー

ピンクペッパーエッセンシャルオイルは、ペルー北部のアンデス山脈に自生するピンクペッパーコーンの木の持続可能に供給された果実から蒸留されます。

古代インカの神聖な木と考えられているピンクペッパーコーンの木は、アンデスの何世紀にもわたって幅広い健康上の利点に使用されてきました。

マグノリア

南アジアから太平洋、北米などに分布しているため「旅をする花」と例えられるマグノリア。マグノリアの花は美と健康をバランスよくサポートするという考えがあり、中国では伝統的に活用されてきました。

フレグランスとしても使用して、上品なマグノリアの香りに包まれて、いつも心地よい気分に。

ドテラは生産農家や蒸留者たちとのグローバルボタニカルネットワークを通して、世界中の熟練したパートナーの経験を生かし、生産、蒸留、流通に最適なサプライチェーンを構築しています。そうして、高品質のエッセンシャルオイルを、皆さまや皆さまの愛する人々にお届けしています。

Download Global Footprint Map - JPG (1.9MB)