科学者

ドテラの専門科学者と研究パートナーからなるチームは、最先端の分析とたゆまぬ革新によって、エッセンシャルオイル業界に革命をもたらしています。

ドテラの違い

ドテラは確かな科学を礎としてエッセンシャルオイルを提供する企業です。ドテラは30人以上の科学者を雇用し、約204平方メートルの広さを誇る最先端の研究所を有しています。ひたむきなドテラの科学者達は、エッセンシャルオイルの厳しい検査基準を押し上げ続け、オイルの新しい調達や使用方法の進展、最先端の検証方法に新しい道筋を切り開く重要な役割があります。ドテラはエッセンシャルオイルの伝統を21世紀へと前進させ、その革新性において最先端を行くリーダーとなっています。

CPTG™品質基準

ドテラの保有する最先端の研究所では、非常に高度な試験方法を駆使し、エッセンシャルオイルの純度と有用性を検証しています。

芳香族化合物が植物原料から蒸留された後、CPTG™品質基準を満たしていることを確認するため、各オイルは念入りに検査されます。

Tested CPTG TESTED US certified

ドテラは、オイルに増量剤、合成成分、有害な汚染物質が含まれていないことを証明するために、厳しい検証基準を確立しました。独自の設備と信頼できる第三機関の研究所を利用することで、ドテラのエッセンシャルオイルはCPTG™プロセスを経て、常に高品質のオイルをお届けすることをお約束しています。

詳細な検査と 高い信頼性

ドテラのミッションは、世界中の高品質のエッセンシャルオイルを発見し、その特性を発揮させることにあります。私たちは選び抜かれた研究者や工業・科学の研究機関と提携し、科学の最前線にい続けています。

ガスクロマトグラフィー質量分析法 (GC/MS)はエッセンシャルオイルの標準的なテストとして推奨されてきました。品質の初期の指標として位置づけられていますが、品質を決定的に裏付けるものではありません。

そのため、ドテラは、業界標準をはるかに上回る検証プロセスを発展させました。品質の高いエッセンシャルオイルだけが品質管理を通過し、品質保証を与えられ、あなたとあなたのご家族のもとへと届けられます。

エッセンシャルオイルの各製品に行われる厳密な検査には、以下のものが含まれます。

  1. 官能検査

    1. 官能検査

    この段階では、エッセンシャルオイルの化学者、製造技術者、および品質管理の技術者が、各エッセンシャルオイルの外観、香り、色を自身の感覚で評価します。

  2. 比重測定

    2. 比重測定

    比重測定の試験では、水と比較したオイルの重量比を測定し、オイルの品質と純度を確認します。

  3. ガスクロマトグラフィー質量分析法 (GC/MS)

    3. ガスクロマトグラフィー質量分析法 (GC/MS)

    この段階では、分子がオイルから分離され、 オイルの化学組成が正しいことを確認します。

  4. フーリエ変換赤外分光(FTIR)

    4. フーリエ変換赤外分光(FTIR)

    フーリエ変換赤外分光は、赤外線を使ってオイルの化学組成がドテラの設定した基準を満たすものかを確認するものです。

  5. 旋光度測定

    5. 旋光度測定

    旋光度測定では、旋光計を使用して分子の鏡像異性(立体異性ともいう)を分析します。旋光計で分子の偏光面を回転させることで、GC/MS試験では検出できない鏡像異性体を特定することができます。

  6. 屈折率測定

    6. 屈折率測定

    屈折計を使用して、エッセンシャルオイルの屈折率(光が特定の物質の中でどのように広がるかを測定したもの)を測定し、エッセンシャルオイルがドテラの基準を満たしているか確認します。

  7. 異物混入検査

    7. 異物混入検査

    物性試験の基準を満たした製品は、有害な汚染物質の有無を確認するために、微生物の専門家による一連の異物混入検査が行われます。オイルには有害な微生物、重金属、および農薬が含まれていないことが確認され、適切な使用指針に従った場合、安全であることを証明します。

  8. 安定性試験

    8. 安定性試験

    ドテラはまた、使用期限内にエッセンシャルオイルの純度および有用性が維持されることを保証するため、安定性試験を行っています。この一連の試験では、温度と湿度を調節できる部屋(恒温恒湿室)の中で、オイルが異なる環境に長時間さらされたときの反応を分析します。この試験方針は、ドテラのエッセンシャルオイルが、何年も安全性と有用性を提供し続けることを保証するものです。

1. 官能検査

この段階では、エッセンシャルオイルの化学者、製造技術者、および品質管理の技術者が、各エッセンシャルオイルの外観、香り、色を自身の感覚で評価します。

2. 比重測定

比重測定の試験では、水と比較したオイルの重量比を測定し、オイルの品質と純度を確認します。

3. ガスクロマトグラフィー質量分析法 (GC/MS)

この段階では、分子がオイルから分離され、 オイルの化学組成が正しいことを確認します。

4. フーリエ変換赤外分光(FTIR)

フーリエ変換赤外分光は、赤外線を使ってオイルの化学組成がドテラの設定した基準を満たすものかを確認するものです。

5. 旋光度測定

旋光度測定では、旋光計を使用して分子の鏡像異性(立体異性ともいう)を分析します。旋光計で分子の偏光面を回転させることで、GC/MS試験では検出できない鏡像異性体を特定することができます。

6. 屈折率測定

屈折計を使用して、エッセンシャルオイルの屈折率(光が特定の物質の中でどのように広がるかを測定したもの)を測定し、エッセンシャルオイルがドテラの基準を満たしているか確認します。

7. 異物混入検査

物性試験の基準を満たした製品は、有害な汚染物質の有無を確認するために、微生物の専門家による一連の異物混入検査が行われます。オイルには有害な微生物、重金属、および農薬が含まれていないことが確認され、適切な使用指針に従った場合、安全であることを証明します。

8. 安定性試験

ドテラはまた、使用期限内にエッセンシャルオイルの純度および有用性が維持されることを保証するため、安定性試験を行っています。この一連の試験では、温度と湿度を調節できる部屋(恒温恒湿室)の中で、オイルが異なる環境に長時間さらされたときの反応を分析します。この試験方針は、ドテラのエッセンシャルオイルが、何年も安全性と有用性を提供し続けることを保証するものです。

科学の専門家とアドバイザー

ドテラのエッセンシャルオイルに行われる日々の試験や化学的手順を監督する素晴らしいスタッフに加え、ドテラは専門家たちによる、業界でも特徴あるアドバイザーグループを設置しました。

このグループには、エッセンシャルオイル化学、植物学、微生物学、生理学、研究科 学、栄養学、栄養補助食品における世界的に著名な専門家やアドバイサーが所属しています。

Dr. デイビッド・ヒル

創業役員/最高医療責任者

Dr. デイビッド・ヒル

Dr. ヒルは長年に渡り、エッセンシャルオイルを現代の健康習慣の実践のために活用してきました。カイロプラクティック医として、統合医療とエッセンシャルオイルの分野でよく知られています。彼は、世界中の病院や医療施設と共に、エッセンシャルオイルと現代医療の統合の確立を目指しています。また、多くの大学や研究機関を通して、エッセンシャルオイルの使用者のために新たな科学的情報も提供し、エッセンシャルオイル科学の教育と発展に取り組んでいます。Dr. ヒルは様々なラジオやテレビ番組に出演し、数々の本や出版物も出しています。Dr. ヒルは時代の最先端に立ち、人が自分の健康を自身で管理できるように情熱を注いでいます。

Dr. ラッセル・オズグソープ

CMO、VP医療&科学イニ シアティブ

Dr. ラッセル・オズグソープ

Dr. ラッセル・オズグソープは現在、ドテラ・インターナショナルの最高医学責任者を務めています。統合的でエビデンスに基づく医療を通じて、健康と予防に焦点を当てた仮想医療提供プラットフォームを確立しています。またドテラでは、医療現場でのエッセンシャルオイルの使用に関する研究を中心に行っています。マギル大学医学部で医学博士号を取得後、コロラド州デンバーの小児病院で研修医を、ワシントン大学医学部で小児感染症フェローシップを修了。妻のメアリーとの間に5人の子供と1人の孫娘がいます。

ニコール・スティーブンス

研究開発科学者

ニコール・スティーブンス

ニコール・スティーブンスは、20年以上にわたってエッセンシャルオイルの研究を行ってきました。テクニカルライティングの学士号と、植物学および統合生物学の修士号をブリガムヤング大学から取得しています。栄養補給食品業界の品質管理研究室と、ユタ大学およびネバダ州ラスベガス大学癌研究所の学術研究室で働いた経験を持ちます。研究に加え、ブリガムヤング大学アイダホ校およびネバダ大学ラスベガス校において化学および生物化学のコースを教えた経験もあります。ニコールは、研究と教育を通してエッセンシャルオイルに対する人々の理解を深めることに貢献しています。現在は、マイアミ大学で生化学および分子生物学の博士号を取得しようと、エッセンシャルオイルが人間の代謝経路に及ぼす影響について研究中です。

プラド・サチャル

エッセンシャルオイル科学ヘッド

プラド・サチャル

Dr. プラド・サチャルはネパール出身で、カトマンズ大学で有機化学の講師を務めていましたが、エッセンシャルオイルの研究のため渡米し、アラバマ大学でエッセンシャルオイル研究の修士号と博士号を取得しました。世界各地の1万種以上のエッセンシャルオイルの化学組成を研究し、100以上の研究論文を査読付き雑誌に発表、更には数社の雑誌の編集メンバーでもあります。マーカーを用いたエッセンシャルオイルの不純物検出を専門とし、唯一の合成マーカーのマススペクトルライブラリーを作成しました。また、エッセンシャルオイルデータベースの構築にも重要な役割を果たし、10もの著名な国際会議で講演を行っています。現在、エッセンシャルオイルの純度、起源、不純物の割合を特定する、GCMS用の史上初の完全自動不純物分析ソフトウェアを開発中です。

Dr. ブラニック・リッグス

VP, メディカルアドバイザリーボード

Dr. ブラニック・リッグス

Dr. ブラニック・リッグスはインディアナ州ラファイエットで生まれましたが、幼いころから世界各地を転々としていました。彼はファミリープラクティショナーとして認定されています。2001年にツーソンのアリゾナ大学医学部を卒業し、補完代替医療に関するトレーニングを受けました。卒業後、マッケイ・ディーのファミリー・プラクティス・レジデンシー・プログラムに参加する機会に恵まれ、彼と家族はユタ州オグデンに移り住むことになりました。家庭医学の全分野の治療を担当し、アメリカ家庭医学会の会員でもあります。Dr. リッグスは、5つの診療所や老人ホーム、2つのホスピス・グループのメディカル・ディレクターを務めています。また、2014年から2017年まで、リベアヘルス社の北部ユタ州メディカルディレクターを務めていました。

リッグス博士はバリューベースのヘルスケアに強い関心を持っています。7年連続でペイシェンツ・チョイス・アワードを受賞しています。彼は現在、ドテラの医療顧問委員会会長兼臨床イニシアチブ担当副社長を務めています。エッセンシャルオイルを家族や患者の為に楽しんで使用しています。Dr. リッグスと妻のジュリは、仕事以外の時間はアウトドアで5人の子供たちと過ごすことが好きです。ガーデニングや小さな農園の手入れをしたり、一緒に世界を旅するのが大好きです。

セシル・バスコール

製品安全ディレクター

セシル・バスコール

Dr. セシル・バスコールは製薬、化粧品、栄養補助食品業界だけでなく、学術界においても、臨床および前臨床研究で15年以上の経験を持っています。彼女のチームは、ドテラの複数の部門で毒物学と製品安全性に特化した科学的サポートを行っています。生物学とバイオテクノロジーの実験技師として訓練を受け、フランスの大学でバイオテクノロジーの修士号を取得。その後、イギリスのカーディフ大学でバイオサイエンスの博士号を取得し、博士研究員としても活躍。オメガ3脂肪酸やその他の栄養補助食品の変性疾患における効果に焦点を当てた研究を行いました。ドテラに入社する前は、テキサス州ヒューストンの小さな製薬会社で、新しい局所鎮痛剤の開発のための前臨床試験と初期臨床試験を管理していました。

スコット・ジョンソン

プロダクトマネジメントディレクター, エッセンシャルオイル

スコット・ジョンソン

スコット・ジョンソンは、21世紀で最も多作な自然医学作家の一人として、15冊以上の著書と300以上のオンラインおよび印刷出版物の記事を通じて、何万人もの人々が自然に健康を実現できるよう力を注いできました。彼は、エッセンシャルオイルと栄養補助食品の臨床使用の専門家です。多様な学歴と客観的な思考により、複雑な健康に関する情報を様々な人々に伝えることができます。国際的な講演者として高く評価されており、北米、ヨーロッパ、アジアで講演を行っています。彼は、人々と自然療法への情熱を分かち合うために世界中を飛び回っています。

ライアン・フィンチ

研究開発部門、ディレクター

ライアン・フィンチ

ライアンは、ドテラにおける研究および製品開発活動を監督しています。30年以上にもわたるサプリメント産業の経験を持ちます。その中には、製品製法、材料科学、製造工程、品質保証方法、製品安定性試験、法規制の順守等が含まれます。

新材料の研究と製造技術の導入を通して、実現可能な最も効果的な製品の革新と計画に情熱を注いでいます。ライアンはそのキャリアを通して、継続的な改善の支持者であり、チームを新たな発見とさらに効果的で効率の良い手順へと導くことを喜びとしています。ライアンはブリガムヤング大学で製造工学技術の理学士号を取得しています。

アレックス・ダベル M.S.

栄養補助食品部門、管理科学者

アレックス・ダベル M.S.

アレックス・ダベルは、10年以上にわたって高品質な栄養補給食品を開発してきました。生物学の学士号と、生理学および発生生物学の修士号をブリガムヤング大学から取得しています。アレックスは、エッセンシャルオイル特有の利点と他の伝統的な栄養成分を組み合わせ、さらにすぐれた栄養補給食品を作り出す方法を研究することを喜びとしています。革新的で効果のある製品を開発する喜びと、求められる課題を楽しみ、世界中の何十人もの専門家と協力して市場に新たなコンセプトを生み出すことに価値を見出しています。妻のリサと4人の子供とともに、アウトドアや美しい音楽の作曲、新しいレシピの試作を楽しみとしています。

ブリタニー・グラフ

マネージング科学者, エッセンシャルオイル開発

ブリタニー・グラフ

Dr. グラフは、2014年にラトガース大学で「人間の健康におけるナチュラル製品」の博士号を取得しました。グローバル・インスティチュート・フォー・バイオエクスプロレーションのトレーニング部門のアソシエイトディレクターおよびフルブライトフェローとして、8年間大学やNPO、地域コミュニティと協力し、ブータン、チリ、キューバ、エクアドル、ケニア、ナミビア、米国で伝統的に使用されている350以上の薬草の抗菌・抗酸化活性を調査しました。過去4年間は、パーソナルケアとサプリメント業界において、ナチュラルに生物活性を高め、環境の持続可能性を促進する農業と抽出技術に焦点を当てた研究を行っています。ドテラでの彼女の使命は、素晴らしいコ・インパクトソーシングのフレームワークを活用し、地球と農業コミュニティの健康を改善しながら、人間の健康に役立つエッセンシャルオイルベースの製品を開発することです。

タオ・リー

研究開発上級研究員

タオ・リー

科学に対するタオの愛は、18年以上にわたってパーソナルケア製品および家庭用品の分野における働きに表れています。ドテラに入る前、タオはアルボーン、ニュースキン、ニューウエイズ、ドクターペリコン、ファイザー、プロサイト、ファルマシア・アップジョンをはじめとする多くの企業の世界クラスの製品をソレンコ研究所で作り出すことに貢献してきました。ウイダー・ニュートリション・インターナショナルの分析化学者として8年以上働いた経験を通して、化粧品製法に関する数々の重要な洞察力を得ました。最も革新的かつ安全な原材料を使って最良の製品を作ることに情熱を注いでおり、ドテラ製品の試験後にドテラ会員らの目に表れる満足感を見ることを喜びとしています。タオは1999年にユタ大学で化学の学位を取得しています。

エンクマート・ミシェル・デューク

シニアマネージング科学者

エンクマート・ミシェル・デューク

Dr. エンクマート・デュークはモンゴル国立医科大学卒業後、モンゴル国立医科大学微生物・免疫学部の助教授に就任し、慢性肝炎患者を対象に研究を行いました。その結果、主な原因であるB型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルス(HCV)、およびそれらの感染因子が明らかになりました。その研究成果は、住民のHBVやHCVの感染予防対策に貢献しました。また、ウイルス感染症の研究にも取り組み、皮疹を伴うウイルス感染症の検査診断を評価し、風疹の感染率と生殖年齢の女性における有病率を検出しました。この研究成果は、直ちに風疹の予防接種プログラムとして実施されました。さらに、B型肝炎ウイルスの血清診断法の開発に取り組み、ヒト血清から表面抗原を分離し、様々な世代の血清検査法を評価しました。さらに、基礎的なウイルス学の研究を続け、学位論文の研究では、パルボウイルスの細胞への侵入と複製部位への輸送を媒介する細胞構造を発見しました。

Dr. デュークの教育や研究経験は、業界における幅広い専門的な役割の発展に役立ちました。栄養食品や化粧品の原料を幅広く扱いながら、供給と最終製品のマーケティングのポジションを歴任してきました。 デューク博士は、健康維持のためには健康的な食品や天然成分、ライフスタイルが重要であると強く信じています。博士のチームは、エッセンシャルオイルの生物学的活性、報告された機能を調査し、ドテラ製品の基礎を構成しています。ドテラ製品の有効性、適合性、正確性を高めることに力を注いでいます。

ダミアン・ロドリゲス DHSc、MS

健康・運動科学者

ダミアン・ロドリゲス DHSc、MS

ダミアン博士は、ドテラ・インターナショナルに勤務する健康・運動科学者です。健康科学の博士号と運動心理学の修士学に加え、運動と栄養の分野に関連する数多くの専門認定書を取得しています。生涯の大半を栄養と運動、生活習慣行動と健康との関係についての研究に費やしてきました。健康に情熱を注ぐとともに、自身のアスペルガー症候群の経験から、自閉症スペクトラム障害に関する啓もう活動に携わっています。メンターを務めるとともに、自閉症スペクトラム障害をもつ夫および父としての自分の経験について話したり、執筆したりしています。

アーロン・ソレンセン

VP, 品質

アーロン・ソレンセン

アーロン・ソレンセンは現在、マイアミ大学で生化学および分子生物学の博士号取得を目指しています。ユタ大学で化学と材料工学の学位を取得後、コロラド工科大学で理学修士号を取得しています。歯科、化粧品、食品、栄養補助食品、エッセンシャルオイルなどの業界で、品質保証と研究開発を中心としたチームのマネジメントに10年以上携わってきました。近年は、エッセンシャルオイルの調達と純度検査に力を入れ、25カ国以上での現地調査を通じて50以上の生産者と関係を構築しています。

マイケル・スコット

品質コントロール&分析科学ディレクター

マイケル・スコット

マイケル・スコットは1992年にアボット・ラボラトリーの品質管理微生物学者としてキャリアをスタートさせました。 その後、品質エンジニアとなり、アボットの病院製品部門をホスピラに分離し、後にファイザーに買収された際のサポートにあたりました。

12年後、LabNowというバイオテクノロジーのスタートアップに誘われ、最終的には失敗しましたが、2021年3月にドテラに入社するまで、Tissue Genesis, Charles River Laboratories, Integra Lifesciences, Charlotte’s Webといった一流企業で品質担当役員として成功に大きく貢献しました。

マイケルは、テキサス大学オースティン校で生物学の学士号を、マサチューセッツ州ファルマスの国立ビジネス大学院で品質システムマネジメントの修士号を取得しています。

また、自家用操縦士であり、ロードおよびトラックサイクリング、ブラジリアン柔術で複数のタイトルを保持しているスポーツマンでもあります。 空いている時間は、3匹の犬と共にハイキングやバックパッキング、ハンティング、フライフィッシングをして過ごしています。

ライアン・ケラー

品質管理ディレクター

ライアン・ケラー

ライアン・ケラーは、独創的な問題解決能力を持つ戦略的リーダーであり、製品の品質や顧客満足度、ビジネスの成功に強くコミットしています。 ユタ大学生物医学工学部を卒業後、ブリガムヤング大学で経営学修士号を取得しました。

ライアンは、クラスII/IIIの医療機器という規制された産業で、プロセスおよび製造エンジニアリング、研究開発、品質エンジニアリングなど、さまざまな役割を担ってきました。ステントグラフト、心臓弁、点滴療法、整形外科用脊椎インプラントなど、さまざまなプロジェクトに携わってきました。

彼はFDA、ISO、NSF、TGAなどの品質管理システムに対する深い理解と経験を有しています。 ドテラの国際的な規制遵守をサポートするため、さまざまな内部・外部監査を指揮する責任を負っています。ASQ、CQE、シックスシグマ/リーン生産の原則と方法論、その他関連プログラムのトレーニングを受け、優れたビジネスプロセスのためのリーダーシップを発揮しています。

ドテラの品質保証ディレクターとして、ライアンは様々なチームと働くことを楽しんでいます。継続的な改善、人々の健康的な生活の支援、そして世界中の顧客とビジネスパートナーに優れた製品を届けることに情熱を注いでいます。

パートナーシップ

芳香植物研究センター(APRC)は、さまざまな方法を使用して異物混入を検出し、エッセンシャルオイルの純度を確認する最先端の研究所です。

ユナイテッドナチュラルプロダクツアライアンス(UNPA)は、100を超えるクラス最高の天然製品、栄養補助食品、機能性食品、科学技術および関連サービス企業を代表する国際的な協会であり、 優れた品質、利益、信頼性。

Sustainable Herbs Program(SHP)は、高品質の薬草療法、持続可能で倫理的な調達、および業界の透明性の向上をサポートするために作成されました。

1973年に設立され、ワシントンD.C.に本拠を置く責任栄養評議会(CRN)は、栄養補助食品と機能性食品の製造業者および原料供給業者を代表する業界団体です。