ジュニパーベリー ジュニパーベリー ()

Location:

なぜアルバニアなのですか?

ジュニパーの木は、アルバニアを含む北半球が原産地であり、ドテラもそこからジュニパーベリーエッセンシャルオイルを調達しています。

ジュニパーベリー

ジュニパーベリー uniperus communis

ジュニパーベリーの香りは、心癒される落ち着 いた気分にさせてくれるとともに、空気を清々 しくきれいにします。

特徴と過程

ジュニパーの木は最大で200年間生きることが出来ます。彼らは低木で常緑針葉樹です。針葉樹は葉の代わりに針を持っています。常緑樹なので1年を通してこの針を持っています。別々の木で雄しべと雌しべが育ちます。雄しべは小さく黄色で、小枝の先で成長します。雌しべは緑色で、受粉後は紫色のベリーとなります。

エッセンシャルオイルはベリーから採れます。色が青色になると、ベリーが熟したというサインです。その後収穫され、水蒸気蒸留法を用いてオイルとなります。

長期的なパートナーシップを維持する

アルバニアのパートナーは、農家の方々と長期的な契約を結んでいます。これにより農家の方々は価格変動を抑え、安定した収入を得ることが出来ます。

ヒーリングハンズ

ドテラのヒーリングハンズ基金は、アルバニアにある学校の改築をサポートしました。深刻な状況にある5つの学校が選ばれ、特にトイレの修理を手伝いました。アルバニアは欧州連盟へ加盟しようとしていたので、これは特に重要なことでした。欧州連盟に加入するためには、満たさなければならないいくつかの条件がありました。そのうちの一つに各学校の生徒と先生とトイレの比率がありました。ヒーリングハンズ基金により改築された学校は、現在その条件を満たしています。また、これらの学校の改築中に、ヒーリングハンズ基金は一つの新しい学校の建築も手伝うことが出来ました。

コメント

0 コメント

会話に追加

  • コメントをフィルター:

コメントするにはログインしてください

ログインする
コメントを投稿

この記事は役に立ちましたか?