ラベンダー ラベンダー (Bulgaria)

Location:
Bulgaria

なぜブルガリアなのですか?

ブルガリアはアロマの為の植物を育てるのに適した場所であり、エキスパートも多くいます。黒海の近くの、良く晴れ乾燥した気候と乾いた土は植物にとても適しています。

なぜフランスなのですか?

フランスは質の高いラベンダーを生産していることで有名です。歴史研究家の中には、フランスでのラベンダーの栽培は紀元前600年から行われていると考えている人もいます。

ラベンダー

ラベンダー Lavandula angustifolia

心を平穏にし、リラックス効果のあるラベンダーオイルの香りは、安眠をもたらし緊張感を和らげます。幅広い使い道を持つので、常備しておきたいオイルのひとつです。

特徴と過程

ブルガリアは歴史的に世界有数のエッセンシャルオイルの研究、開発、生産の一部を誇っていましたが、小麦、ひまわり、トウモロコシに対する政府の財政的支援により業界は衰退しました。多くのブルガリアの農民は、アロマ用の植物をこれらの作物に置き換えました。

これらのことから、ドテラはブルガリアのドブリッチにエセテラを建設しました。エセテラはドテラが所有していますが、実際にはブルガリアの方々が建設や運営をしています。素晴らしいマネージャーや蒸留者、農家、エンジニアの方々がコミュニティを良くするという目的の元集まっています。

ラベンダーは収穫から一日以内に蒸留する必要があるため、エセテラにはドブリッチ周辺の75のラベンダー農家からラベンダーが運ばれてきます。1年分のラベンダーが毎年3週間から4週間の間で全て製造されます。エセテラの従業員はこの期間中、最高品質のラベンダーオイルを製造するため四六時中働いています。

初夏にラベンダーの色はとても綺麗になりますが、私たちは7月にラベンダーを収穫しています。夏の暑さで色が抜け始めたころ、ラベンダーからより多くより高品質のオイルが抽出できます。

雇用の創出

エセテラの設立は、ブルガリアのドブリチ地域に大きな経済活性化をもたらしました。 人口の約4分の1が貧困層という国に、数億円の投資と多くの雇用をもたらしました。ますます多くの農民が作物とともにエセテラに来ています。 これは、機器と技術の高度さ、品質、公正かつ迅速に支払う信頼できるバイヤーとしてのエセテラの評判など、いくつかの要因によるものです。

ブルガリアの蒸留者は長年の間、ブローカーにより管理されていました。彼らがいつ、いくらの支払いをするかを決めていました。多くの農家はブローカーがオイルを売るまで十分な報酬を支払われなかったり、何か月間、何年間も支払われないということがありました。しかし、エセテラでは、農家の作物とエッセンシャルオイルの品質をすぐにテストできます。現場の最先端の実験室には、品質を確認するためのガスクロマトグラフィー質量分析(GC / MS)マシンと、作物が蒸留されている間、農家が見ながら待つことができるスペースが含まれています。現場でこの技術を使用することで、農家が待つ間に、植物が最高品質のオイルを生産したことを確認できるだけでなく、農家に公正かつタイムリーに(通常は同じ日に)支払うことができます。 また、最高品質のオイルを使用した農家にボーナスを授与します。

ヒーリングハンズ

ドテラヒーリングハンズ基金は、ソーシャルティーハウス、奨学金プロジェクト、遊び場プロジェクトなど、ブルガリアのさまざまなプロジェクトや組織を支援することができました。

ヒーリングハンズ基金は、孤児院制度の退廃に伴いブルガリアの子どもたちに平等な機会を提供することを目的とした組織であるソーシャルティーハウスと提携しています。これらの子どもたちには、教育と識字能力、個人的および感情的な発達、および他の子たちと同等の職業的機会へのアクセスが欠けています。ソーシャルティーハウスは、孤児院での時間とその後の人生をつなぐことで、14歳から18歳までの子供たちが必要とするスキルや能力、自立したライフスタイルを提供することに焦点を当てています。ソーシャルティーハウスは実際に茶屋になっています。 1階では、孤児になった10代の若者たちが、注文を受けてお茶を準備して提供するバリスタとして働きます。 2階は、メンターシッププログラムのメンバーが会議やグループアクティビティを開催できる広々とした会議室に変更されました。ソーシャルティーハウスでの売り上げは全て、孤児になった10代の若者がこれから自立して生きていくための支援に使われます。

マザーズケアクラブは、ブルガリアのドブリチ地域の孤児や貧困に苦しむ子供たちに奨学金を提供しています。 さらに、ヒーリングハンズ基金は小学校、中学校、大学生に資金を提供しています。 エセテラの開設後、ドブリチの市長は、地域の子供たちから安全な遊び場が欲しいという手紙を受け取りました。 ドブリチ市はすぐに2つの子供の遊び場(1つは6歳以下、もう1つは3〜12歳)の計画を立て始め、エセテラから数ブロック離れた住宅の間にスペースを準備しました。ヒーリングハンズ基金は、子供たちの為にこれら2つの遊び場の建設費用を財政的に支援しました。

コメント

0 コメント

会話に追加

  • コメントをフィルター:

コメントするにはログインしてください

ログインする
コメントを投稿

この記事は役に立ちましたか?